TDI Cavern Diver

TDI カバーン ダイバー

TDIカバーンダイバーコースは、ケーブダイビングの入門となるコースです。ケーブダイビングの環境(外からの自然光が入らないエリア)でのダイビングや講習は行いませんが、今後ケーブダイバーを目指す上でも必要となるスキルの練習や知識の学習を行い、安全にカバーンダイビングを行えるようにトレーニングを行います。

TDIカバーンダイバーのライセンスの認定を取得するとできるようになること

認定後、下記の制限および自らの経験を超えない範囲でダイビングが可能となります。

  • 昼光エリア内(Daylight zone、外からの自然光が差し込む範囲)
  • 洞窟内部への侵入(ペネトレーション)は、シリンダー容量に対して、シングルシリンダーでは1/3まで、ダブルシリンダー(サイドマウントを含む)は1/6まで
  • 水面より直線距離で61m(200ft)以内
  • このコースの最大深度は40m(130ft)です。
  • NDL(減圧不要限界)の範囲内
  • リストリクション(2人のダイバーが並んで通ることができないような、行動が制限される狭い通路)がないこと
  • 連続的なガイドラインが欠落しない
  • カバーンダイビングに対する適切な器材の使用
  • オーバーヘッド環境では生命維持装置を外さない

※ 上記の制限を満たし、自らの経験の範囲内においては、直接監督なしでカバーンダイビングを実施することができます。

洞窟へのダイビングの入門となるTDIカバーンダイバーコースを受講するために必要な前資格や前条件

  • 18歳以上
  • ダイバーメディカルの提出
  • SDI オープンウォータースクーバダイバー、もしくはPADI オープンウォーターダイバー等の同等資格
  • 少なくとも25ダイブ以上のログブックによる経験の証明
  • このコースをサイドマウントで行う場合、TDI サイドマウントダイバーまたは他団体の同等資格。

※ 上記の前条件を満たしている場合でも、インストラクターの判断により、事前にトレーニングダイブを必要とする場合や、受け入れができない場合があります。

TDIカバーンダイバー(ケーブダイビング入門)のトレーニングコースの概要)のトレーニングコースの概要

所要時間

  • 学科・実践応用・ブリーフィング:6時間
  • 器材コンフィギュレーション:2時間(お済みの場合は不要)
  • 海洋:5ダイブ
  • 日数:学科1日+海洋3日

※ 上記の所要時間は最低日数および時間です。上記の日数に加えて講習日が必要になる場合は、所定の追加講習費用がかかります。(何らかの事情により、既定日数内に既定のダイブ数を行えなかった場合も含みます。)

※ DIVE Explorers以外で購入された器材のコンフィギュレーションには別途費用を頂戴いたします。

TDIカバーンダイバーコースに対するインストラクターのコメント

TDIカバーンダイバーコースは、レクリエーショナルダイビングの範囲ではありますが、とてもテクニカルダイビングの要素の強いコースです。

カバーンダイバーコースがテクニカルダイビングで初めてのコースである場合、これまでとの違いに面食らうこともあるでしょう。コースの規定日数内では認定を取得できないこともあるかもしれません。
実は私も、最初にカバーンダイバーの認定を得たときは規定日数に加えて2日間が必要でした。

しかしながら適切なトレーニングを積むことで、これからのダイビングに役立つスキルを身につけ、真に価値のあるライセンスを取得できるでしょう。
コースへの参加をっ楽しみにお待ちしています。

PADI TDIカバーンダイバーコースの講習費や海洋費などのトレーニング費用

種類 費用
講習費 75,000円(税込 82,500円)
海洋費 65,000円(税込 71,500円) ※西伊豆 大瀬崎/那覇近郊1日+洞窟で2日間の場合
ボート乗船料 10,000円(税込 11,000円) ※2ボート×1日間の場合
マニュアル費用 4,500円(税込 4,950円)
合計 154,500円(税込 169,950円)
別途費用
  • ・ガス費用
  • ・(ボートの場合)乗船料
  • ・合格後の申請費

※ 上記の合計金額をお振込み後にコーススタートとなります。

※ お支払い後の費用の返金はいたしません。

※ 各ダイブポイント毎の海洋費の詳細は、各コースのトップページをご確認ください。

※ 各コースにおいて規定日数を越えた講習を行った場合、追加で費用が発生します。何らかの事情により、規定日数内に規定ダイブ数を満たせなかった場合でも追加講習費が発生します。

※ 学科はWEBでも実施可能です。

※ この講習期間中の、BCD、レギュレーター、減圧シリンダー用レギュレーターのレンタル費用は無料です。